2015年12月12日土曜日

Swift 2.x:  ファイル

  • NSFileManagerクラス
    ファイルとディレクトリに対して、基本的な(ファイルの読み書き、ファイル属性の設定など)操作を行います。さらにカレント作業ディレクトリの確認、新規のディレクトリの作成、ディレクトリ内容をリストするメソッドなどを提供します。
  • NSFileHandleクラス
    ファイルの特定の位置へシークしたり、指定されたバイト数を読み書きするような下位レベルの操作を行います。
  • NSDataクラス
    ファイルの読み書きに対して、有用な貯蔵バッファを提供します。


プレイグラウンド:
  1. ファイルシステム
  2. ディレクトリの作成
  3. ディレクトリ一覧/ファイル一覧の取得
  4. ファイルの削除
  5. テキストファイルの出力
  6. テキストファイルの入力
  7. ファイルやURLへの文字列の読み書き
ファイルシステム:
ディレクトリの作成:
ディレクトリ一覧/ファイル一覧の取得:
  1. 指定したディレクトリのファイル一覧を取得する
  2. 拡張(Extentios)を使ってディレクトリ一覧を取得する
  3. 拡張した NSURL を使用して /Documents のサブディレクトリを取得する
  4. 拡張した NSURL を使用して /Documents のファイル一覧を取得する
指定したディレクトリのファイル一覧を取得: 拡張(Extentios)を使ってディレクトリ一覧を取得: 拡張した NSURL を使用して /Documents のサブディレクトリを取得: 拡張した NSURL を使用して /Documents のファイル一覧を取得: ファイルの削除
ファイル出力:
  1. 作成:
  2. 追加:
作成: 追加:
ファイル入力:
ファイルやURLへの文字列の読み書き:
参考:OS X:ファイル操作